optic voice

「art for art's sake」芸術至上主義な人々を溺愛する

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

 



その手より

その熱さより

その笑顔より

私を悦ばせるものは 「声」だ


鼓膜を震わせ 
私の頬を上気させ 熱くさせ 幸せにする

気取った声でもなく

感情のまま 想うまま 私を操る声
少し湿った 夜の声だ
鼓膜に溶かすこともできない

だから

白んでいく空に消えてしまう前に

何度も 何度も 

その声を せがむ夜だ
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2017/06/09 Fri. 23:45    TB: 0    CM: 0

ツヅミグサ 



タンポポって、昔は 鼓草って言われていたんだって。

私の名前も いつか変わるんだろうか。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2017/05/24 Wed. 14:51    TB: 0    CM: 0

 

004.jpg



手にしたら その手は汚れてしまう

だけど

ねぇ   美しいと思えない?



貴方は 確かに 酷い男だけれど

いつだって 私のミカタでいてくれたわ



幼稚な人間ってもんは

汚いところばかり 見えて・・・ 同時に その人の素敵なところを見れないもんよね。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2012/08/03 Fri. 12:00    TB: 0    CM: 1

 




小さなことには そんなにガマンしたりしない
妥協してばっかりいる

だって

本当に大切なものには 命がけで向かっていく覚悟があるから

命がけで 突き通すから

だから 小さなことには 妥協したっていいと思ってる

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2012/01/20 Fri. 12:22    TB: 0    CM: 4

 

真っ赤なココロ

ちょっと 酸っぱいって知ってる真っ赤なソース

一瞬 躊躇しちゃうけど 食べてみなよ
絶対美味しいから

真っ赤で 情熱的で・・・きっと 美味しいから



こんなときくらい 真っ赤なルージュでもつけてくるんだった。

カテゴリ: 未分類

[edit]

Posted on 2010/07/13 Tue. 13:35    TB: 0    CM: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード